消費者金融 借入れ メリット デメリット

消費者金融でキャッシングするメリットとデメリット

スマートフォンを操作するサラリーマン

お金を借りる必要に迫られたとき、その対象となるものはいくつかありますが消費者金融で借りることのメリットおよびデメリットとはなにか、そのことについて考えてみたいと思います。

 

消費者金融のメリット

 

・融資までのスピードが早い
・審査が比較的緩めであることが多い
・キャッシングの方法が多彩である
・選択肢が多く手軽に利用できる

 

などが挙げられます。
特に融資および審査のスピードの速さは特筆もので、多くの業者が30分から1時間程度での審査完了、即融資可能となっています。
また比較的審査が緩めで、銀行などのローンを断られた方も融資を受けることができることが多々あります。
借り入れの手段もたくさんあり、提携ATMなどで手軽に借り入れすることができます。

 

消費者金融のデメリット

 

・金利が高めの設定である
・借りやすさ故に借り過ぎに発展してしまう
・イメージが悪い

 

といったものが考えられるでしょう。
金利は高めとはいっても小さな差なのですが、融資額が大きければ小さな金利差も大きな金額差となってしまいます。
また手軽に借りることができるというメリットがある反面、その手軽さ故についつい借り過ぎてしまう、という方が現れるのも事実です。利用には注意が必要となります。
さらに消費者金融といえば、やはりいまだに悪いイメージを持たれている方が非常に多く、消費者金融の利用=破滅への入り口、というような穿った見方をしている方も少なくありません。
したがって多くの方は、利用の事実を隠しておきたいと望んでいます。

 

このように消費者金融にも一長一短ありますが、大事なのは利用する本人がしっかり自己管理をしながら、無理のない範囲での利用をするということなのです。
そうすることで消費者金融のデメリットはスポイルされることとなり、より便利な利用が可能となります。

消費者金融の金利は信頼関係の現れ

消費者金融と言うと金利が高いイメージがありますが、それは利用実績が無かったり少ない人の場合になります。加えて信用情報が宜しくない場合ですね(こちらの場合は借りられない時がほとんどでしょうが。。。)

 

金利の設定は信頼関係の現れのようなものですから、こまめに利用して返済実績をコツコツと積み上げていけば、会社は優良顧客として接するようになります。それが金利を下げてくれたり、限度額の増額となって反映されてくるのです。

 

銀行の場合も同じですよね。いざローンを組もうと思った時に、全額融資してくれるかどうかは金額にもよりますが、利用実績のない人には銀行も貸したがりません。コツコツと定期積立をしていたり、細かくローンを組んで返済していれば、まとまったお金が必要な時に全額融資してくれたりするものです。

 

借入れは金利比較と会社の知名度をチェック

金利は会社の規模を表す指標とも見ることができます。基本的に資金の潤沢な大手消費者金融は金利が低めの設定がされています。その背景には資金提供元がどこかにもよるわけです。資金源がどこかの怪しげな会社だったりする金融会社では、融資元の金利もペイしないとなりませんので金利が末端の消費者への負担となって表れています。

 

ですので、安心できるところからキャッシングしよう!となった時には会社名のチェックと同時に金利を比較すると良いでしょう。
金利は借入れ金額50万とか100万とか高額になるほど低く、5万円とか10万円と低額の場合には高めに設定されています。

 

参考に紹介するサイトは、大手消費者金融の金利設定を分かりやすくまとめてあります。
各消費者金融の公式ページをチェックする手間なく金利比較ができますよ。>>借入れ金利比較